妊娠を診断している医者

子宮因子

女性の不妊の原因の一つとして、子宮因子があることがあります。子宮筋腫や粘膜下筋腫、子宮内膜ポリープが原因になることです。着床障害につながることがあり、流産の因子を抱えているものもあります。

この記事の続きを読む

調査方法を知る

不妊治療を行うにあたって欠かすことができないのは、調査方法を知ることでどんなことを行うのか学ぶことです。難しいことはしないため、一歩踏み出す勇気が一番大切だということがわかります。

この記事の続きを読む

アプローチ方法

不妊治療を行うにあたって、その治療を施すためのアプローチ方法がたくさんあることは、悩める二人に希望を与えてくれます。人工的な方法から、自然に近い方法まで、選択肢がたくさんあります。

この記事の続きを読む

薬の活用も効果的

ピルを活用して生理周期をコントロールすることで、不妊治療のための体づくりができます。避妊効果に着目されがちではありますが、本来はこちら側の目的の方が大きな意味を持ちます。

この記事の続きを読む

不妊症を知る

子供が欲しい方は妊活をしませんか?排卵検査薬を通販サイトで購入したい方は正規取扱店のこちらが安心ですよ!

近年不妊症で治療を受けている人が増えています。
不妊症は、昔から多くの人が悩んでいるものですが、近年不妊治療の浸透により、受診する人が増えてきています。
不妊症には多くの原因があります。
不妊治療の場合、原因を突き止めて改善していくことで不妊症の改善を促していきます。
不妊症は、女性が原因のものと男性が原因ものがあります。
原因を正しく知ることにより、自分に合った治療を行うことが可能です。

女性の不妊症の原因として、排卵因子というものがあります。
月経不順の方は排卵障害の可能性があります。月経不順の方は、産婦人科や婦人科に相談を行うといいでしょう。
排卵障害の原因は多くあります。プロラクチンというホルモンの分泌亢進による、高プロラクチン血症とよばれるものが原因のときがあります。
また、男性ホルモンの分泌亢進を特徴とした、多嚢胞性卵巣症候群が原因のこともあります。
精神的なストレスや、大幅なダイエットを行った場合等にも月経不順をきたしやすくなります。
20代や30代で、卵巣機能が極端に低下し、無排卵に陥る早期卵巣不全という現象が、不妊症を招くこともあります。

女性の不妊症の原因の一つに、卵管因子があります。
性器クラミジア感染症に掛かっていた場合、卵管の閉塞や卵管周辺に癒着があり、不妊症につながります。
女性の場合、クラミジアにかかっても無症状の事が多く、感染に気が付かない場合があります。
骨盤内の手術を過去に受けたことが有る人の場合も、卵管周辺に癒着をきたしていることがあります。
子宮内膜症と呼ばれる症状があるかたも、卵管周辺に癒着が見付かることがあります。